予防接種|おおつか内科クリニック|京都市伏見区京阪淀駅近く|インフルエンザ予防接種 肺炎球菌ワクチン接種

京阪淀駅 徒歩3分
TEL:075-631-3456

予防接種

成人期の主な予防接種

インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン 、帯状疱疹ワクチンなど

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症です。感染すると38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、悪寒、のどの痛み、鼻水、咳などの症状が現れます。

小児や高齢者、基礎疾患を有する方は、肺炎などを併発するリスクが高まります。特に、体力の弱っている高齢者の方の場合、インフルエンザに起因して重篤な症状になり、命にかかわるケースも少なくないのです。予めワクチンを接種しておくよう心がけてください。

インフルエンザワクチン接種

このインフルエンザウイルス感染を予防するため、マスクの着用、手洗いの励行、十分な休養、バランスのとれた栄養摂取などの対策を行っている方も多いと思われます。しかし、日常生活のなかで、飛沫感染や接触感染を完全に防止することはできません。

そのために重要となるのがワクチン接種です。日本では例年12月下旬から翌年3月上旬にかけて流行しますので、その前に受けておくことが大切です。

  • インフルエンザワクチンの接種は、健康保険が適用されないので、原則として全額自己負担となります。但し、65歳以上の方(特定の疾患を有する場合は60歳以上)は、予防接種法に基づき、費用の一部または全額を地方自治体が助成しています。
    また、それ以外の方についても、助成を行っている自治体があります。詳しくは、お住いの市町村(保健所・地域保健センター)にお問い合わせください。

肺炎球菌とは

肺炎球菌は、一般の人が罹患する肺炎の原因菌のうち、最も多いと言われている細菌です。特に、インフルエンザなどに罹患した後、体力が十分に回復していない状態で感染すると、重症化するおそれがあります。免疫力が低下している高齢者の方などは十分に注意してください。

肺炎球菌ワクチン接種

肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐ上でもワクチン接種が重要となります。近年は、抗菌薬の耐性化によって治療が困難な症例が増加していますので、ワクチンによって事前に感染リスクを下げておくようにして下さい。

  • 肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防できるわけではありません。ワクチン接種後も、うがいや手洗い、口腔衛生など日常生活上の予防対策を怠らないでください。
  • 高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチン(商品名:ニューモバックス)は、予防接種法に基づく定期接種となります。原則として、65歳以上で5年ごとの節目年齢(65、70、75、80歳など)について費用の一部または全額が助成されるのですが、自治体によって異なります。詳しくは、お住いの市町村(保健所・保健センター)にお問い合わせください。
  • 2014年から65歳以上の方にも接種可能となった、もう一つの肺炎球菌ワクチン(商品名:プレベナー13)もご用意できますので、受付にてご相談ください。

帯状疱疹とは

水痘・帯状疱疹ウィルスが原因の感染症です。子供のころにかかった水痘(水ぼうそう)のウィルスが体内に潜伏し、加齢などによって免疫力が低下した時にウィルスが再活性化し発症します。症状としては赤い発疹や水ぶくれ、ただれなどの皮膚症状に加え、強い痛みを伴うのが大きな特徴です。皮膚と神経の両方でウィルスが増殖し、炎症を引き起こして強い痛みを生じます。こうした痛みは皮膚症状が消えた後も残ることがあります。

帯状疱疹ワクチン接種

50歳以上の方であれば任意接種として接種可能です。